どこまで詰められるか

ロゴ作成で何が重要となるかといえば、最終的にできあがったデザインの仕上がりです。納得できるかどうか、希望は盛り込まれているかどうかでしょう。他にも、認識性の問題などもありますが、そこはデザインする人間の腕次第です。意思がしっかり疎通できていれば、デザイナーはしっかりとデザインを起こして仕上げてくるでしょう。極端な話をすれば、希望が盛り込まれており、仕上がりがしっかりとしていれば、他の要素は重要性が一気に下がります。だからこそ、打ち合わせができているかどうかが分かれ目になってくるでしょう。

打ち合わせロゴ製作は、まったく何もないところから生み出していきますが、要望もあるはずです。企業名に込められた意味といったところも知らなければいけません。企業理念もそのひとつになってくるでしょう。確かにHPなどを見れば、出ていることもあります。だからといって、生の言葉を聞いて受けるイメージと同じかといえば、これは全く別物です。デザイナーとして考えても、インスピレーションを刺激する部分となってくるのですから、打ち合わせでどこまで詰めていけるかが、製作するうえでのカギとなるのは間違いありません。満足できるロゴにするためには、とことんまで詰めていける相手であるのが条件です。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket